消費者金融の規制緩和によって起こる損得は?

消費者金融の規制緩和で総量規制が撤廃され、無担保ローンが借りやすくなると言われています。
その反面上限金利も引き上げられますから、信用力の劣る契約者は金利負担が重くなります。
つまり、生活破綻に陥る可能性が高くなるのです。
現在でも、裁判所では自己破産者が多く申請しており、東京地裁では申請者が多すぎてまともに審理ができていないと言われています。
このような現状で消費者金融の規制緩和をすることでどのような結果になるかは言うまでないでしょう。
その反面、この規制緩和で得をする人もいます。
信用力の高い人は総量規制の制限を受けることなく、より高い融資限度額をゲットできますし、当然金利も下がるでしょう。
消費者金融の規制緩和のおいしい部分だけ享受できるわけです。
総量規制の適用対象外