パソコンのマザーボードとは?

マザーボードに様々なパーツが取り付けられて、それがケースに入ったものがPCだと考えると分かりやすいでしょう。
いわばPCの本体そのものがマザーボードといっても過言ではありません。
それぞれの取り付け口にパーツを正しくはめ込みさえすれば、PCのパーツの増設や、交換が完了します。
マザーボードそのものはあくまで「パーツをつけるための板」ですから、PCの性能に大きな影響を及ぼすものではありません。
ただし、PCに「どんなパーツを取り付けられるか」はマザーボードに左右されます。
いくら高性能なパーツを購入しても、マザーボードがそのパーツに対応していなければ取り付けることができないわけです。
このように、パソコンの最大性能、拡張性や将来性などを決定するマザーボードですが、マザーボードそのものを交換すれば自由にパーツを組み換えることが可能です。