住宅ローンの金利タイプと今後の動向は?

住宅ローン金利が今後どのようになるのかはかなりの人が気にしていると思います。東京スター銀行の「スターフィット住宅ローン」のローン金利の種類は、変動金利型と固定金利型(3年、5年、10年)の4つに分かれています。変動金利型は、借入後半年毎に金利の見直しが行なわれます。固定金利型は、それぞれ3年、5年、10年と、ご自身で選択した固定期間内は借入時の金利がその期間適用されますが、固定期間終了後には再度固定金利を選択するか、変動金利に移行するか、その時点での金利動向を見て決めることが出来ます。多くの銀行が、金利固定期間終了後は原則変動金利への切り替えとなっている住宅ローンが多い中、再度固定金利が選択出来るのは魅力的なサービスだと思います。今後住宅ローン金利があがってしまえば損をするのは自分ですから、固定金利にして将来の返済を確定させておくほうがいいのではないでしょうか?また、適用される金利は、借入申込時ではなく融資実行時の金利が適用となります。

※ 参考サイト・住宅ローン金利動向予想!今後の金利推移は?【2017年3月最新】
今後住宅ローン金利がどのような推移をするのかその動向をしっかりと研究しているサイトです。住宅ローン選びのときに悩むことが多い金利の問題についてわかりやすく解説してくれています。特に金利動向によって存することもある変動タイプの金利を選びたい場合にはしっかりと研究しておく必要があるのではないでしょうか?